ABOUT

ジム案内

UNDERGROUNDは2013年3月にOPEN。

元日本代表や現役のコンペティター、日本トップクラスのクライマーもスタッフとして常時在籍しており、ビギナーはもちろんワールドカップに現役で出場している選手も集う、幅広い層に対応しているジムです。
規模の大きなボルダリングコンペティションを年に数回開催しており、イベントの多さも特徴です。

壁はスラブ~105°/120°/155°のルーフ壁/110°/135°/マントル壁の計7面の様々な傾斜壁を有しています。
2019年11月からはLEDシステム搭載のMOON BOARDを導入しました。
そのほか、巨大なキャンパスボードエリア、ストレッチ・トレーニングスペース、ビーストメーカー等トレーニング器具も充実しています。 男女別のトイレと更衣室、貴重品BOX、手洗い場なども完備。
また、ジム内にはいたるところにカラフルな壁画やアーティストの絵が飾ってあり、地下でありながら明るい雰囲気になっています。

GYM LENDING

ジム貸出
UNDERGROUNDでは、CM・テレビなどの映像媒体/クライマーの密着取材/クライミング映像作品など様々な事例でメディア媒体様へジムを有料でお貸ししています。
撮影は基本的に営業時間外が原則となります。ジム貸出に関する詳細は店舗へお問い合わせください。

メディアへのジム貸出例
・NHK レッツクライミング テレビ撮影
・クライミング用チョークPD9 CM撮影

STAFF

スタッフ紹介

UNDERGROUNDスタッフに対するお仕事のご用命(ルートセット業務/テレビ出演/イベント出演/インストラクター/取材/テスターの依頼など)は、直接店舗へお問い合わせください。

小川 隼人
HAYATO OGAWA
トニー

UNDERGROUNDの店長とチーフセッターを兼任している。
温和な人柄だが課題セットに対しては非常に職人気質。
こだわり抜いたセットとバリエーションの多さから、ルートセットに関してはアンダーグラウンドのセッター陣・外部セッターからの評価も高く、通常テープ課題からコンペ課題などオールマイティーにセットをこなせる腕を持っている。

 

アンダーグラウンドのチーフセッターとしてホールドのチョイスや壁のメンテナンス・ハリボテ製作などセット関連はなんでもオールマイティにこなす。
頻度は少ないが、他ジムのセットにも出向している。

 

海外の岩場もツアーで回るなどかなりの岩好きで、ボルダリングからリードクライミング(スポーツルート、クラック、マルチピッチまで)幅広く挑戦中。
また、クライミングシューズの収集癖があり新作を常にチェックし、相当な数のシューズを履きこなしている。

 

課題セット、インストラクション、壁の構成やホールドチョイス、商品部門(シューズ/ギア類)担当

川端 彰子
AKIKO KAWABATA
あっこちゃん

クライミング歴約15年
学生時代はロープクライミングのコンペに出場し、主要なユース国内コンペでは上位入賞を果たす。
元ユース強化選手で、第7回JOCジュニアオリンピックカップジュニアの部1位。社会人になり5年のブランクを経て、2014年よりクライミング再開しボルダリング競技に転向。
2017年度ボルダリングW杯開催国特別枠選手。2019年度東京都国体代表選手などに選出。
現在はジムスタッフの傍ら、クライミングウェアやギアのテスターやレビュー、メディア出演など多岐に渡る活動を行っている。

 

アウトドアウェアメーカーROKX FRIENDシップクライマー
クライミングウェアメーカーClife テスタークライマー

 

主要成績
2015年THE NORTH FACE CUP 女子DIVISION1/6位、2017年ボルダリングジャパンカップ予備予選4位、2017年ボルダリングジャパンカップ総合18位、
2017年ボルダリングワールドカップ八王子戦35位、2019年茨城国体東京都成年女子代表、そのほかローカルコンペ上位入賞多数。

 

メディア出演歴
テレビ東京【美マッスルon the BEACH】テレビ東京【もやもやさまぁ~ず2 十条編】
ABC朝日放送テレビ【朝だ!生です旅サラダ】 アイフルホームCMボルダリング編 など

 

インストラクション、イベントの企画/運営、広報、商品部門など担当

北江 優弥
YUUYA KITAE
ゆーや

2020年度ボルダリング日本B代表選手。
現在進行形でコンペティターとして活動中。
地元は大阪。2019年に猛者の集まる東京へ上京してきた。
ボルダリングを始めて3年目には初出場のボルダリングジャパンカップにて準決勝進出。
その年にはW杯開催国特別枠選手として八王子W杯に出場。
また、第一回スピードジャパンカップでも8位入賞とスピードにも期待できる選手である。
東京では選手とジムスタッフをこなしつつ外部のルートセット業も出向中。

 

株式会社アーキノルド所属
スポンサー:Colan Totte

 

主要成績
岩手国体少年男子優勝/2018年ボルダリングワールドカップ八王子 27位/FISE World series 9位/2020年ボルダリングジャパンカップ 13位など

 

課題セット/インストラクション/YouTube編集など担当

柴沼 潤
JUN SHIBANUMA
J

1990年3月生まれ。大学入学とともにクライミングを始め、自然の岩場でのボルダリングを中心に活動する。

主な成果は「ククゼン(5段、御手洗)の初登」「ミネルバ(5段、瑞牆)」「シャンバラ(5段+、豊田)」「バベル(5段+、塩原)」「Fortaleza (V14、ブラジル)」など。
大学時代にキャンパストレーニングをやり込み、キャンパスの達人と言われる。
2017年4月に会社員を辞め、同年6月から世界一周し、11月に帰国してからクライミングに専念。
2019年にはブラジルの岩場へ行き当時南米最難課題であった「Fortaleza(V14, 5段-)」を完登。
得意なムーヴは片手懸垂。最高23回(YOU TUBEに動画あり)。最近は日本全国のジムのルートセットにも飛び回っています。

 

スポンサー:SCARPA

 

リードRP屋内13b 屋外14b

 

課題セット、インストラクションなど担当

古堅 雄二
YUJI FURUGEN
ユージ

2017年春の中学卒業と同時に、単身沖縄からクライミング修行のために東京にやってきたホープクライマー。
沖縄の岩質以外の経験がなく、関東近郊の花崗岩は未経験だったにも関わらず東京に来て1年でインドラ2段、虫、蛙、小川山ジャンプ、豊の海3/4段など有名どころの3段を続々と完登。
岩での成果は留まるところを知らない。
コンペも公式、草コンペ問わず積極的に出場し目下成長中!
これから岩場のみならず、コンペでも活躍できるか楽しみな伸び盛りのクライマー

 

メディア出演歴
ニコ生動画【吉田尚記dスタジオ】インストラクターとして出演

 

課題セット、インストラクションなど担当

INFORMATION

お知らせ一覧
BOULDERING GYM
UNDERGROUND
OPEN
月〜土 10:00〜23:00
日祝 10:00〜21:00
ADDRESS
〒114-0001 東京都北区東十条3-1-14
ライフエールマンションB1F
TEL/FAX
MAIL